2019年9月の九星別運気と吉方位


全国1千万人の開運ファンのみなさんこんにちは。
ひんやりした秋風が心地よい季節になってまいりました。

9月13日は中秋の名月、すすきと月見団子を飾って月の光を浴びると夏の疲れが癒やされ、暑さに溶解した気持ちが徐々に固まってまいります。
9月23日の秋分の日を挟んで前後3日間の計7日間は秋のお彼岸、ご先祖を偲んで夕日に手を合わせ、おはぎを頬張りながら西方浄土に思いをはせる期間です。「暑さ寒さも彼岸まで」、お彼岸を過ぎると暑さも一段落、これから実りの秋がやってきます。

全員に共通の凶方位は北東、東、南東、南西、北西。残り北、南、西が吉方位になるかどうかはそれぞれの星によって異なります。
それでは9月8日〜10月7日の九星別運気と吉方位、張り切ってまいりましょう。

★一白水星・・・一白の夏は弾丸登山で少ししんどかったかもしれませんね、でもここだけの話もうヤマは越えてます。つらかった登山はすでに過去、あとは下山するだけ、今月はこの見晴らしのいい休憩所でちょっとひと休みしましょうか。
ほら下界は色々な車が思い思いのスピードで走っていますね見えますか、列に合流して流れに乗るのもひと苦労、たまにあおってくるバカ車や周囲を顧みずにスピード出すイタ車も登場しますし人の世って本当に大変です。ええここ足湯や露天風呂もありますよ、筋肉痛でこわばった身体を浸せばじわあんと血流がよくなって疲れがスーッと抜けてきます、気分が回復したらお休みどころでサンマと松茸ご飯とビールでもいかがですか、だだっ広い畳敷きですから食べたらそのままごろんと横になってお昼寝しちゃってください、時間が来たら自然に目が覚めますから。秋以降はまた忙しくなりますからね、今のうちにたっぷり英気を養っておきましょう。
吉方位は北、南。この先の道で迷いたくないなら北、悩みの山から早く下山したいなら南へどうぞ。

★二黒土星・・・先天的なエネルギーに環境から得られるエネルギーをミックスし、そこに意志や夢という酸素を注いでごうごう燃えるのが人間という生きものです。
エネルギーがたくさんあるのに酸素が少ないとどうなるかというと不完全燃焼を起こしてぶすぶす黒い煙が立ち上り大量のすすが出る、このすすのことを業界用語で「厄」と申します。エネルギーがたっぷりあるのに無目的に生きてると、つまりちゃんと燃えないでいると厄が溜まり「こんなはずでは」「こうなったのはあの人のせい」「どうせ何をやっても報われない」など責任転嫁や不満の多い人生になります。
今月の二黒は環境からたくさんのエネルギーが受け取れる星回り、ぼんやりしてると不完全燃焼で自家中毒起こしますよ、スマホなんか見てないでとにかく少しでも現実を動かす、今月頑張らなくていつ頑張るの、ヘリから金色のハシゴが垂れてるんだから早くつかまったらどうですかくらいの強運ぶりであることを知っていてください。
吉方位は北、南。燃え燃えの人生を送りたいなら北か南へどうぞ。

★三碧木星・・・友情ほど不確かなものはありません、目に見えない観念的なものだからです。相手の気持ちを知るすべはどこにもない、「私たち友達だよね」「何があっても一緒だよね」なんていっても諸行無常、昨日の友は今日の敵、今日の敵は明日のラスボスかもしれません。判断基準はただおのれの気持ちのみ、自分が「あの人は友達」と心から思えるなら友達、心から思えないなら友達じゃないです。
「この人はいい人だから」とか「裏切るような人じゃないから」と相手に自分を委ねすぎるとたいてい痛い目に遭う、みんな自分のことで精いっぱいなんです。
元気いっぱいの三碧の周囲には色々な人が集ってくると思います、たぶんみんなフレンドリーでこの人は一生もん! と感動したくなる人もいるかもですがはかないですよ友情って、君子の交わり淡きこと水のごとし、ちょっと物足りないかな? くらいの距離でほどほどになかよくしとけばいいでしょう。
吉方位は西。レベルの高い人とお知り合いになりたいなら西へどうぞ。

★四緑木星・・・「全方位味方なし」と気づいて愕然としたことはありますか? たったひとり暗黒の宇宙に放り出されたような感じ、上下も前後も左右も宙、手を伸ばしてつかむはただむなしく空(くう)ばかり。たった1本のわらさえも浮いていない、ここが海だか空だか知らないけど自分の意識だけはここにある、我思うゆえに我あり、宇宙には自分しかいないのねすごく寂しいなあ唯我独尊と。
そんな歯がゆい日常を四緑は送ってるかもしれません、でも実はそれがこの世界の本質です。雲海もしくは深海をふわふわ漂っているような気分でしょうが、まわりに何もない灰色の世界でも時折きらりとダイヤモンドのように光るものがある、それをひとつずつ摘み取ってああ生きるってこういうことだったんだ、真実を手にして飲み込んで内側からもっと輝くことだったんだ、世界を明るく照らすのは他の誰でもない自分だったんだとはたと気づく瞬間が訪れるかと思います。
吉方位は西。ダイヤモンドがほしいなら西へどうぞ。

★五黄土星・・・生きるうえで大事なのはものごとをありのままに見ることです。ありのままのものごとは本来透き通っている、しかし悲しいかな人間は弱いのでなかなか直視できません、自分の思い入れや願望や誤解曲解うらみつらみなどが混ぜ合わさってどうしても目が濁ってしまうのですね。自分というフィルターを通すことによって色がついてしまう、つまりサングラスをかけているようなものです。そのまま放っとくとどんどん世界が暗くなってまいります。
じゃあどうすれば色眼鏡を外せるのかというと自分から少し離れてみる、頭頂部から幽体離脱して俯瞰からものごとを見渡せばいい、がしかし我欲とか思い込みとかが強いとなかなか難しいんだなこれが。世界は本当は透明なはずなのに何となく白濁してる、視界の端やお先が真っ暗でよく見えないというなら、色眼鏡が濃くなっているかもしくは白内障、緑内障の恐れがあります。欲を手放して色眼鏡を捨てるか眼科で見てもらうといいでしょう。
吉方位は北、南、西。ひらめきがほしいなら北、視野を広げたいなら南、目からうろこを落としてくれる人に会いたいなら西へどうぞ。

★六白金星・・・「思うように結果が出ない」「理想と現実が噛み合わない」「夢がなかなか叶わない」と悩んでいる六白はこの秋少なくないかと思います、歯がゆいですよね。あなたの夢が実現しないのには3つ理由が考えられます。
まずは設定している夢そのものの問題、「自然か不自然か」。2つめは本人の問題、「努力しているか否か」。3つめは時間的な問題、「熟しているか否か」。本人が不自然な夢を見ている場合、あるいは努力が足りないことを自覚していない場合、残念ながらその夢はいつまでたっても叶いません。
六白のあなたの場合は・・・そうですね、どうやら3つ目の理由のようです。夢が現実化するにはそれなりの時間がかかる、に加えてパルプンテの呪文が必要です。パルプンテとは平穏な日常に突如差し込む非日常のこと、規則正しく脈打ってるときにいきなり起こる不整脈みたいなものです。この呪文をかけるのは自力じゃムリ、あなたを取り巻く環境つまり他力が働いてはじめて作動します。自分の力の及ばない範囲のことをあれこれ悩んでも仕方ありません、待てば他力の日和あり、もう少し先へ行くと色々面白くなってくると思います、それまで今のまま努力を続けていてください。
吉方位は南。パルプンテをなる早で作動させたいなら南へどうぞ。

★七赤金星・・・「なんでこんな人がそばにいるんだろう」「もう顔も見たくないからどこかへ消えてほしい」。そう思っているのはあなただけじゃありません、世界中の誰もが多かれ少なかれそういう思いを抱えています。・・・気が楽になりましたか? ならない? ではこう考えてみたらどうでしょう。
あらゆる縁は神仏が結んでいて、きらいな人と出会うのも好きな人と出会うのもすべて神仏の采配、何か意味があるから出会うのであり、意味がない人とは出会わない。ね、そう考えると少しは気が楽に・・・ああちょっぴりなってきましたかよかったです。
きらいな相手ってたいてい自分の一番イヤな面を持ってます、デフォルメされてるので気づきにくいですけども。自分と相手のイヤなところがバチバチ火花を散らしてぶつかり合い本能的に「大っきらい!」と感じるのですが何を隠そうそれ自分と相手の共通因子、似たもの同士が引き合わされてるだけ、「この人見て自分のことかえりみてね」という神仏の小粋な計らいというわけです。
七赤は人間関係絶賛好調中、もう楽しくて仕方ない毎日かと思いますが、もしいやーんな思いをしたらちょい待てこれたぶんなんか意味あるぞと思ってみてください。
大吉方位は西、吉方位は南。人を許せる広い心がほしいなら西、いやーんな人をスルーできる太い心がほしいなら南へどうぞ。 

★八白土星・・・「外見より中身」なんて世間では申しますがさあてどうでしょう、形のない心は形のある器に入ってその輪郭の通りなじみます、つまり外見イコール中身ちゅうことです。貞子やジェイソンは見た目あんなだけどきっと本当は心やさしくて思いやりがあってしっかりした人なのよなんて思う人はどこにもいないでしょう。
特にビジネスの場ではそれが顕著、職場で見た目が凜々しくスキッとまとまってれば安心感あるしやっぱり仕事もできる、逆にメイクが妖怪みたいとかそれどこで買ってきたのみたいな突飛な服着てるとなんか不安だし実際仕事もあんまりできません。
なぜこんなお話をしたかと申しますと八白は今月人間的な魅力や能力がキラキラ光る星回り、それらを周囲にアピールしてチャンスをつかむタイミングだからです。
9月8日の白露(=野草が白露を宿すころ)を過ぎても夏バテ引きずってよれよれの格好でいると「季節感がない」「なんかだらしない」「タイミング悪そう」と思われて損します。服装もヘアもメイクも今からスカッと秋冬仕様にチェンジして、持ち前の魅力を存分にアピールしちゃってください。
吉方位は西。自分の長所を目上や上司に認めてもらいたいなら西へどうぞ。

★九紫火星・・・これから先いいことだけ経験して悪いことはできるだけ回避したい、誰もがそう思います。本当にそれが可能ならどんなにいいでしょう、しかし人生とは陰陽がより合わさって構築されていくもの、禍福はあざなえる縄のごとしでいいことだけが続く人生なんて弱くてもろくて何かあったらすぐにちぎれてしまいます。ぺろぺろ頼りない縄なんかすぐによじれたりもつれたり簡単にくるりんぱしていやでしょう、太く丈夫で一本筋の通った縄を編みたいなら悪いこともいいことと同様に「まあいいか」と受け入れないといけません。
九紫は今ちょっとつらいかな、こんなに頑張っているのに誰も認めてくれないとかどうして私だけがこんな目に遭うのとか責任ばかり重くて疲れちゃったもう何もかもいやだあちくしょうこのまま記憶喪失のふりしてまったく違う人生送ったろかなんて妄想ふくらませながら夜な夜なワイン飲んだりパワーストーン握りしめたりしてるかもしれません。いいんですよそれで、この試練が細い縄を太くする、力士のまわしにぶら下がる縄のれんのように強くまっすぐな縄が今この瞬間にも編まれつつあると心して、今を力強く乗り越えてください。
無難な方位は西。神仏の加護を得たいならお彼岸に西へどうぞ。

・・・はい、こんな感じです。鈴虫の音色を聞きながらすてきな秋の夜長をお楽しみください。それでは今月も元気に行ってらっしゃい!

寝耳に水・2019年9月号


アントワーヌ★
お嬢さまーっ! お嬢さまゥアーッ! ああいない、また夏恒例の逃避行が始まったようでございます。たぶんあの世とこの世をふわふわ行き来しているのでございましょう。仕方ありません、今月はわたくしがタロットでみなさんの運気を生まれ月別にチラ見してまいります。晩夏の簡易版、ヒアウイゴー。

★1月生まれ・・・「大いなる遺産」を受け取る暗示です。お金か不動産か愛か秘密のレシピが書かれた巻物か。いずれにしても人生に希望が湧いてくるでしょう、今までよく頑張りました、これからも頑張りましょう。

★2月生まれ・・・もうガマンしなくていいですよ、ケツまくっちゃってください。ただしそのあとどうなるかは未知、人生は自分持ちですもの。「しばらく暗中模索が続くかも」という覚悟のうえご決断ください。

★3月生まれ・・・ひとりぼっちで歩いている気分ですか? でもたくさんの人があなたを見守っています。実は味方は多いです。必要ならいつでも手を貸そうとみんなそれぞれの場所で待機しています。

★4月生まれ・・・これからやろうとしていることはあなたの正義に沿っているでしょうか? 「やってみなくちゃわからない」と突進するとケガをするかもです、よーくお考えください。

★5月生まれ・・・果報は寝て待て、じたばたしなくてもじきに連絡が来るでしょう。特に経済面で救いの手が差し伸べられる暗示、もうしばらくのがまんです。

★6月生まれ・・・欲しいものを手に入れたいなら理性と情熱のバランスが大事です。分析しすぎてもだめ、勢いだけで突っ走ってもだめ。自分の原点に忠実に行動してください。

★7月生まれ・・・「それ」を独り占めしようとしていませんか? 死守しようとするほど「それ」が重たくなってきます、がんじがらめになる前に「それ」を少し手放す、あなたもどうぞと誰かにお裾分けしてはいかがでしょう?

★8月生まれ・・・ご自分の想像以上に大きなパワーが発揮できます。何もしないでいることもできますが、目標を決めてパワーを注ぎ込むとあなただけでなくまわりの人もみんな幸せになれます。宝の持ち腐れにならないようお願いします。

★9月生まれ・・・夢や大志を抱くのはいいことですが「どうしても」「絶対に」「何が何でも」という気持ちにとらわれるとしんどくなります。「もう少し肩の力を抜いてみましょう」とカードが告げています。誕生日おめでとう9月生まれ、たぶんリラックスしたほうがもっとすごい力を発揮できますよ。

★10月生まれ・・・聖戦に臨むジャンヌダルクになったような気分ですか? はいあなたの考えとやり方は間違っていません、大丈夫、勝てる。このまままっすぐ自信を持って進みましょう。

★11月生まれ・・・倒れてますね、ちょっとつらかったですか。ああそのままでいいです、じっとしてればじきに回復しますから。もうしばらくするとオセロが一気にひっくり返るような「生きててよかった」的な流れになると思われます。

★12月生まれ・・・助け船現る。知り合いか、先輩か、近所の世話好きか、あるいは神さまから派遣されてきた人か。「あのう、もしもし」と誰かに肩を叩かれたら、スルーせずにその人の話を聞いてみてください。

・・・はい、こんな感じです。暑さもようやく峠を越えて秋の気配が濃厚になってまいりました。朝晩の温度差に気をつけて、今月も元気で行ってらっしゃいまし!

2019年8月の九星別運気と吉方位


全国1千万人の開運ファンのみなさんこんにちは。
サウナ並みの猛暑日が続いておりますが土用明けの8日は立秋、暦の上ではすでに秋です。
13日〜16日はお盆、懐かしい人も懐かしくない人もわらわらこの時期めがけてこちらに帰ってまいります。昔はテレビつけると納涼スペシャル心霊番組があったのですが昨今はあまりない、夏の風物詩だったのに寂しい限りです。

全員に共通の凶方位は北東、南東、南西。吉方位はそれぞれの星の欄をご覧ください。それでは8月8日〜9月7日の九星別運気と吉方位、スカッとまいりましょう。

★一白水星・・・8月の明るい太陽はいろいろなものをあぶり出します。心の隅々まで光が当たって楽しい思い出はもちろん思い出したくない思い出までもがぞろぞろよみがえる、ああッあああッと頭を抱えて自分から逃げ出したくなってもここはガマン、いやーんな思い出を干物ネットに並べて塩ふって天日干し、真夏の太陽と風にしばらく当てとけばいい塩梅に「あれは青春のせつないひとコマ」「そんなこともあったっけ」「若かったンだねあたし」に昇華できることと思います。
小さいことは気にしない、それを経て今がある、むだなことは何ひとつなかった、これでいいのだと自分に「良し出し」して腹くくっていきましょう。
吉方位は北西。神頼みしたいなら自宅から北西方位の神社仏閣へどうぞ。

★二黒土星・・・人は何のために生まれてくるのでしょう? どうも「ただ何となく」とか「まったくの偶然」ではなさそうです。もしかするとこの世に生まれ落ちる前に「自分の個性や役割を活かすにはここの家族になるのが一番」と自分で親を決め、誰かにぽんと背中を押されていちかばちかでバンジージャンプしてくるのかもしれません。
今の自分の境遇に満足していますか? その家系に生まれたということはそこで学ぶべき何かがあるのではないか、ルーツを足場にもっとできることがあるのではないか、今月はそんなことをちょっと考えてみてください。
大吉方位は北西、吉方位は東、南、西。目上の後押しがほしいなら北西、仕事で出世したいなら東、謎を解きたいなら南、お金が欲しいなら西へどうぞ。

★三碧木星・・・「人はパンのみにて生きるにあらず」とキリストは言いました。人間は物質的に満足するだけじゃだめ、精神面のレベルアップも必要ですよという意味です。「武士は食わねど高楊枝」という言葉もあります。たとえ貧しくてご飯が食べられなくても品格落としちゃだめ、楊枝でも加えて堂々としてなさいってことです。
結局のところパン=お金だけでも高楊枝=心だけでもだめ、お金があっても心がないと幸せを感じられませんし、心があってもお金がないと幸せを十分に満喫できません。やはり両者のバランスがほどよく取れていることが大事なのですね。
たとえばお金が右手なら心は左手、今月の三碧はブラインドタッチで両手の指を器用に動かしてキーボードを操りながら欲しいものをバンバン手に入れていくでしょう。
吉方位は北西。自分を格上げしたいなら北西へどうぞ。

★四緑木星・・・夏って体力落ちますよね、最近の気温は体温より高いので内臓だってだらんと萎えますし脳だってやる気なくしますよそりゃ。身体と心は一心同体ですから肉体の疲れに無頓着でいるとなーんか気持ちが萎えてきます、あれっ特に悩みもないのにどうしてこんなに気分が重いんだろう、向上心も情熱も克己心もない、おまけに食欲も睡眠欲もないと。そうやって夏バテという負のスパイラルにどんどんはまっていくわけです。まずは食べるもの食べて眠るだけ眠って全身に栄養と気を行き渡らせる、寝てる間に汗かいて悪いもの出す、モモとかスイカとか旬のフルーツでビタミン補給する、夢を叶えるとか希望に燃えるとかはそのあと、体調を整えてからの話です。
やるべきこと、やらねばならぬことがいろいろあって四緑は気持ちがつんのめりがちかもですがあせりは禁物、夏はまだ続く、気持ちより身体優先、その日の疲れはその日に取るベホマズンの夏でいきましょう。
吉方位は東、西。元気回復は東、楽しく過ごしたいなら西へどうぞ。

★五黄土星・・・お盆どきはいやでも自分のルーツに目が向きます。そういえば故郷の親はどうしてるだろうとか兄弟は元気かなとふと頭をよぎる、その際に気分が重くなるならそれは問題ありの家族、懐かしいなあと気持ちが浮き立つなら仲良くて良かったですねの家族です。
前者のパターンは半分以上いるのかな、それは「家族」という名の筋肉養成ギプスをつけてる人たちですお疲れさまです。人間の業(ごう)を間近に見せつけられ引きずり込まれそうになりながらも懸命に自分を守り事態を改善させようと努力する、涙と汗流して頑張る、しかし残念ながら相手は何ひとつ変わらなかったりする、変わるのはおのれの認識だけ、でもそれはそれでいいのです。
五黄は心が内側に向いて内観の機会が多くなるでしょう、人間関係、特に家族関係で「これはもう仕方ない」と気づいたらあっさりあきらめる、「家族なのに」という執着を手放してわが道を行くのもありかと思います。
大吉方位は北西、吉方位は東、南、西。神仏に悩みを相談したいなら北西、健康第一なら東、才能を開花させたいなら南、お金にたっぷり恵まれたいなら西へどうぞ。

★六白金星・・・お墓参りで手を合わせたとき、何を考えますか? 「もっと儲かりますように」「今の家が高く売れてもっといい家が安く手に入りますように」「歌って踊れるスターになりたいです」。それ全部間違い、先祖は仏さまですけど神さまじゃありません、「ンなことオレに言われてもムリに決まってんじゃん」と浄土で修行しながらぼやいてるかもしれません。正解は「頑張ってもっと幸せになりますから見守っていてください」「おかげさまでこんなに元気です、その節はいろいろありがとう」。夢は墓場じゃなくて神社でお願いしましょう。
今月の六白は神さまと近い場所にいます、ええ仏さまじゃなくて神さまのほう、つまり夢をお願いするには絶好のチャンス月というわけです。さあて何をお願いしますか? 自分さえよければいいという夢や希望は瞬時にピンとはじかれちゃいますよ、自分はもちろんまわりも幸せになるお願いをじっくり考えてみてください。
吉方位は北。悩みをスムーズに円満解決したいなら北へどうぞ。

★七赤金星・・・ノってるときとノってないとき、ツイてるときとツイてないときでは時間の流れる早さがまったく異なります。楽しいときは瞬時に過ぎ去りますがつらいときは1秒が1時間にも感じられる、歯医者で口開けて歯ァ抜かれるの待ってるときとか脈のない恋人から連絡待ってるときとかですね。いろいろな時間味わってるうちに80年90年過ぎて気がつくとあれっもう100歳、やりたいことの半分もできなかったなあ、でもこれはこれで悪くない人生だったかもなんてちょっとしんみりしたりするわけです。高く掲げたおのれの理想から頭のてっぺんをピンと糸で吊られてる感覚でゆがまずたわまず背骨まっすぐにして歩いてればおおむねいい感じの境地で最後まで行けることでしょう。
さて今月の七赤の時間感覚は早いですよ超早い、キャッキャキャッキャ笑いながらジェットコースターを楽しんでる感じ、次にどんな景色が広がるのだろうと胸躍らせながら一瞬を駆け抜ける、10年に一度あるかないかのめくるめく夢の世界、山口百恵の「ひと夏の経験」でも口ずさみながら超短い夏を心ゆくまでお楽しみください。
吉方位は北。好きな人と愛を深めたい、好きな人がいなくても愛のある人になりたいなら北へどうぞ。

★八白土星・・・神棚に置く神鏡はただの飾りじゃありません、天照大神のよりしろ(神さまが宿るもの)であると同時に自分自身の心の映し鏡なんですね。映った顔が暗い、悲しげ、不満そうに見えるなら心を改めて現状を改善する必要があるということ、くもっててよく見えないなら心もくもってるということ、鏡をメガネ拭きで拭くか中性洗剤でやさしく洗うなどしてピカピカにする必要があります。
じゃあ神棚がなければ自分の心を見るすべはないのかというとそんなことはなく、自分を取り巻く世界を見てみればいいのです。周囲にケンカが絶えないのは自分の中に何かもやもやしている火種がある、逆にみんなが楽しそうに笑ってるなら自分も絶好調というわけです。
同じ八白でもツイてる人とツイてない人に今月は大きく分かれることと思います、周囲の世界はあなたの心と運気の映し鏡、人のふり見てわがふり直せ、思い当たる改善点があるならすぐに改善しましょう。
大吉方位は北西、吉方位は東、南、西。視野を広げたいなら北西、元気に頑張りたいなら東、いいアイデアがほしいなら南、金運を上げたいなら西へどうぞ。

★九紫火星・・・カンのいい人と悪い人、どちらが人生有利でしょう? はい前者ですね。カンがいいと「あ、これヤバいな」とか「これ放っとくと面倒なことになるぞ」など事前に気づいてリスク回避できますし、相手の気持ちがパッと読み取れればビジネスでもプライベートでも有利に立ち回れます。
カンがいいのは頭の回転が速い人、観察力が鋭い人、先入観持たない人、場数踏んでる人であり、自分のことしか考えない人、思い込みの激しい人、依存心の強い人はなかなかカンが働きません。
もうひとつ、カンが働く・働かないには星回りも影響します。なーんか最近妙に先が読めちゃうんだよねーってときはたいてい星回りがいいときです。九紫はもともとカンのいい人が多いですが今月は特に冴えまくる暗示、あっこの企画こうすれば絶対うまくいくなとかあそこのサンドイッチこの時間になるともう売り切れるけど今日はきっとまだあるぞとか信号のタイミングが絶妙に良くてノンストップで家にたどり着いちゃったみたいなことが多々あることでしょう。
吉方位は東。カンもフットワークも同時によくしたいなら東へどうぞ。

・・・はい、こんな感じです。たしかに暑いけど花火とかスイカとか盆踊りとか日本の夏はやっぱりいいですね、これ読んでるあなたに何かステキなことがありますように。
それでは今月も身体に気をつけて元気で行ってらっしゃい!

寝耳に水 2019年8月号


お嬢さま☆
今年の夏は例年になく涼しくて汗かかなくて済むから楽ちんだわ!
アントワーヌ★いいえ夏は汗をかくもの、だらだら汗かいてなんぼのもの、夏に汗をかかないと今まで体内に溜まった毒素が抜けきらず、美容に悪いだけでなく秋冬に体調を崩しやすくなるので要注意ですよ。
お嬢さま☆夏は汗と一緒に毛穴からデトックスしないといけないのね。
アントワーヌ★ですのでいつまでも食っちゃ寝してないでたまにはお部屋のお掃除や窓拭き、城内の雑巾がけなどをお手伝いいただき、汗をなるべくたくさんおかきくださいまし!
お嬢さま☆わかったわよ、その前にまずタロットをめくらなくちゃ。
アントワーヌ★今日のおやつはつるんとひんやりもちもち白玉、お嬢さまもお部屋でだらだらしてないで掃除、運動、お散歩でこういう白玉のようなお肌を目指されますように。
お嬢さま☆色とりどりのカットフルーツもたっぷり入れてね! それでは今月もみなさんの運気を生まれ月別にタロットでチラ見してみましょう。

★1月生まれ・・・
「これどうぞ!」と向こうから勝手に差し出されるものの大半はゴミ、たとえば化粧品とか食べものとかの試供品、中古のアクセや衣類、チラシで作ったハンドメイドのコースターなどですね。ありがたくもらってるときりがない、結局自分が捨てる役を背負わされることになります。
「ノーと言う勇気を持ちましょう」とカードが告げています。もしかすると相手は自分で処分するのがいやで、あなたに甘えているのかもしれません。相手がやるべきことをあなたが手間と時間を削って肩代わりする必要はない、これはものに限らず目に見えないことでも同じ、不要な愛、友情、共感、同調などを一方的に押しつけられないようご注意ください。

★2月生まれ・・・「どうしても勝たなければならないとき」というのがあります。おのれの意地とプライドと立場のすべてがかかっている、ここで負けたらその後の人生ずっと不利になる、何より自分自身が許せないだろうというときですね。
そういう戦いを経験したことありますか? これから経験するかも? 
勝負の行方は成り行きや気力や根性に任せちゃだめ、運を天に任せるのはやることをすべてやったあと、まずは必ず勝てる作戦を立てなくてはなりません。
相手が互角もしくはそれ以上という場合は1対1で戦うよりもなるべく多くの人を巻き込む、つまり大勢の観客の前で彼らの審判を仰ぐことです。観客を味方につけることができればその戦いは1対1ではなく1対1プラス大勢となるので必ず勝てます。最も肝心なのは「いかにして周囲をこちらの味方につけるか」を考えることです。

★3月生まれ・・・「幸せ」って目に見えない感覚なのでなかなか気づきません、実は前からずっと手元にあるのに本人は「私って不幸」なんて嘆いてたりします。幸せには存在感がないですし人間は高望みする生きもの、私たちはすでに持っているものに気づかず持ってないもののほうについつい目が行っちゃうのですね。ちょっと視点を変えれば幸せが前々からそっと寄り添ってくれていることに気づけるのですが、日々雑事に追われているとなかなかそれができません。
「今のあなたはとても幸せですよ、どうぞお忘れなく」とカードが告げています。慣れ過ぎて目に映らない人や環境に目を向けてありがとうとひと言感謝するだけで世界の色やにおいや肌触りがみるみる美しく変化してまいります、どうぞお試しください。

★4月生まれ・・・「私にはそれを受け取る権利があるはず」と思っていてもままならないことがあります、遺産相続とかポジションとか長年尽くした恋人との結婚とかですね。本来ならば手にできたはずの地位や名誉や財産や結婚相手がするりと指の隙間から漏れ出ていったときのがっかり感、残念無念感といったらああたそりゃあもう筆舌に尽くしがたいものがあります。特に金と恋の恨みは恐ろしい、ちくしょう末代までたたってやるになりがちですがちょっと待った、そういうところでエネルギー消耗すると他のことが何もできません。呪っても恨んでも現世の自分には何も見返りがない、むしろ心身の健康を損ねてやつれて角がにょきにょき生えて鬼になる、ならばすべてご破算にしてなかったことにする、んなもなあ熨斗(のし)つけてくれてやるの心意気でいくほうが1億倍1兆倍ましというものです。
「失ったものに執着するより潔く手放してその場所から離れましょう」とカードが告げています。再出発してもっといいものを手に入れましょう。

★5月生まれ・・・家を新築したときにお菓子や小銭をばらまくのは昔の人の知恵、周囲からの嫉妬を除けるために幸せをちょっぴりお裾分けするわけです。海外のお金持ちが何かと寄付するのも同じ理由、自分のところにずっとお金を溜めておくと嫉妬というカビが生えてくるからです。
5月生まれは経済も仕事も人間関係も家庭も安泰、何不自由なく暮らしていることと思いますよかったですね、しかし「うらやましいあの人いつも幸せそう」という周囲の憧れは何かのきっかけで「うらめしい」「あの人だけずるい」「裏で何かやっているに違いない」にクルッと反転しがち、お気をつけください。
嫉妬除けには上から目線禁止、「笑顔であいさつ」「笑顔でお裾分け」が有効、ああこいつ面倒くさいという相手なら「笑顔でスルー」を心がけるといいでしょう。

★6月生まれ・・・「いつも一緒にいる人」とははたしてこれからも一緒にいるべきでしょうか? 「そんなの当たり前じゃん」と思うかもですがちょっと視線を変えて第三者の目になりその人と一緒にいる場面を想像してみてください、いかがでしょう?
なんかスカッとしない、気分が重い、無理してる感じ、先がない感じ、下手に距離を置くと恐ろしいことが起こりそうと感じるならそれは一刻も早く離れたほうがいい関係、ちょい先で分岐点が見えたら靴ひも結び直してるふりしてあっちが右側に進んでいる間に全速力で左側にダッシュすべきです。しばらくは身体の右半分に痛みやしびれが伴うかもですがじきに治まるでしょう。
空気みたいで気にならない、その人と一緒にいるとウキウキする、よくわからないけどほんわか温かい気持ちになるというならそのまま二人三脚でお進みください。

★7月生まれ・・・不要品を捨てて部屋がすっきりすると心もすっきり整理整頓されたような気になりますよね、視野に無駄な情報が入らないから、雑多なものが発する雑多なオーラが消えるからなどいろいろな理由が考えられます。
もうひとつ心がけたいのが脳内の掃除、つまり情報断ちです。21世紀に入りスマホが普及して以降あらゆる人が画面に釘付けになっています。電車の乗客のほぼ全員がうつむいてじっと画面を眺めている光景は実にシュール、じゃあ何を見ているのかというとラインだったりゲームだったりゴシップニュースなど右から左へ流れては消えていく薄くて浅い情報のオンパレード、しかしそこから発する色と光は脳に強烈なインパクトを与え、もっともっとという中毒的な欲求をかきたてます。
寝ても寝ても疲れが取れない、今ひとつ頭がすっきりしない、ふとした拍子に突拍子もない映像や音楽が浮上してくるというなら宇宙を漂うゴミのように脳内を情報ゴミがぐるぐる駆け巡っているのかもしれません。思い当たる方は2、3日スマホの電源をオフにして大自然の中に身を置き脳内デブリを除去することをおすすめします。

★8月生まれ・・・癒しと回復に最も有効な方法って何でしょう? はい睡眠ですね、恋の病(やまい)も貧の病ももういや何もかもがいやという気の病もぐっすり眠れば自然に修復されてまいります。
眠っている間に人の意識はどこへ行くかというと現世を離れてあの世、あの世ではあっちが現世で現世があの世、「こんなことがあって私悩んでるの」と相談すると先輩やお仲間から「じゃあこうすればいいんじゃないかな」「そうだよ試してみなよ」「せっかく現物の身体授かったんだから力入れて現実を動かしてみなよ」「迷ってるうちに人生終わっちゃうのもったいないよ」とアドバイスされるわけです。
誕生日おめでとう8月生まれ、お盆どきに夢を見たらご先祖からの助言かもしれませんよ、あれっなんだか印象的な夢見たなと目が覚めるとなんだかやる気になっている、よくわからないけどいつの間にか自分の中で答えが出ている、そんなすてきな体験ができる暗示です。

★9月生まれ・・・人間関係で大事なのはお互いの温度、温度差がありすぎると「冷たい」とか「熱い」など違和感を感じてどちらかがどちらかのストレスになります。そこで大事になってくるのが距離感、相手が冷たいと思ったら自分から少し近寄る、相手が熱いなら自分から少し離れてほどよい温度に調整する必要があります。
9月生まれは職場もしくはプライベートでもうじき重要な出会いがある暗示です。巡り合わせには意味があり、すべての人間は自分を成長させるためにやってくると心してそのお相手と向き合ってください。最初はとっつきにくいもしくはペースがかみ合わなくて多少面倒かもしれませんけども主導権はあなたの手の中にある、そのご縁が成就するかご破算になるかはあなたの努力しだいです。こまめにお湯の温度を見てちょうどいい湯加減に調整すれば、お相手からたくさんのものが得られることと思います。

★10月生まれ・・・人の運気は常に変化しておりますが自分の意志とは無関係の次元で因果が働くためコントロールは不可能、そこら辺が人生の面白いところでございます。ただし変化の前ぶれを感じ取ることはできる、どこで感じるかというと鼻です。「予兆を嗅ぎ取る」などといいますよね、鼻が利く人は風に吹かれて空気中をふわふわ漂っている変化の兆しを嗅ぎ分けることができるのです。
10月生まれは今月鼻がスーッと通ってまいります、丹田に気を入れて思い切り息を吸い込めばひんやりした空気がスカーンと脳天に届いて頭脳爽快、よーし明朝10時半に勝負に出ればきっと勝てる、三峯くんは私のことが気になってる、この企画はダミーを2つ本命を1つ合わせて3つ作って相手に選ばせれば本命が必ず通る、今日の社食はAうどんとかやくご飯B生姜焼き定食Cカレーライスであるなど予知能力が存分に開花することでしょう。いずれにしましてもあなたの運気は上り調子、すぐれた予知能力を駆使して先手必勝で人生をバラ色に変化させてください。

★11月生まれ・・・オレオレ詐欺とか当選しました詐欺って上手に人の心の隙を狙ってきますよね、久しぶりに電話かけてきた子どもの声を聞いてわあうれしい! とかえっ何かに当たったの? と昂揚する気持ちにスッとウソを乗っけてくる、しかしよく考えてみれば子どもなんか生んだ覚えないしどこにも応募なんかしてないのに当選なんかするわけない、やはり急いてはことをし損じる、短気は損気、あわてる乞食はもらいが少ないのですね。
懐かしい連絡やうれしい連絡ほど要注意、「久しぶり元気だった? 今度よかったら会わない?」とフレンドリーにいきなり連絡してくる昔の同級生もいざ会ってみると狙いはまったく別のところにあったなんて話は全然珍しくありません。
「今月届く連絡はすべてがすべていいものとは限りません、あわてて飛びつかないように」とカードが告げています。うっかり真に受けて後悔する前にことの真意をよく確かめ、怪しいなと思ったら神かまうな仏ほっとけでスルーしたほうがいいでしょう。

★12月生まれ・・・あこぎな金持ちから金品を盗んで貧しい人たちに分け与える人のことを義賊と呼びます。たとえば石川五右衛門とか鼠小僧次郎吉など「義侠心のある盗賊」という意味ですね。ルール的には悪いことをしてても勧善懲悪のその意気やよしと観衆はその功績をたたえてスタディングオベーションするわけです。
ことなかれ主義、我よし主義がまかり通っている現代においては義賊の姿もなかなか見られなくなりました・・・ってちょっと待ってそうでもないな、「あんた顔青いよご飯ちゃんと食べてるのかい、メンチとコロッケおまけに入れとくから食べな」とにっこり笑ってくれる肉屋のおばさん、「お前まだ書類できてないのかよ部長うるせえぞ、仕方ねえ手伝ってやるからそのデータ半分こっそりオレによこせ」と腕まくりする先輩とかですね、探せばわりとあちこちにいるかと思います。
「あなたも困っている人にやさしくしてあげてください」とカードが告げています。今のあなたなら人を思いやる余裕がある、身も心も豊かに充足しているからです。人のために貫いた正義は地球を一周していずれ必ずあなたの元に返ってくるでしょう。

・・・はい、こんな感じです。今年は思ったより涼しい夏になりましたね。
寝冷えに気をつけて今月も元気で行ってらっしゃい!

2019年7月の九星別運気と吉方位


全国1千万人の開運ファンのみなさんこんにちは。
さあ令和元年の後半戦が始まりました、引き続き明るく楽しくまいりましょう。

7月7日は七夕、短冊に願いを書いて笹の葉につるしましょう。
7月13日〜16日はお盆、東京靖国神社ではみたま祭が開催されます。奉納和太鼓や青森ねぶた、おみこし、吹奏楽パレードなど多彩なイベントが目白押しです。
7月20日〜8月7日は夏土用、7月23日は大暑、この19日間は一年で最も暑さがきびしい期間です。7月27日の丑の日にはうなぎなど栄養価の高いものを食べて精をつけ、猛暑を乗り切りましょう。
ちなみに8月8日は早くも立秋、月日がたつのは待ったなし、あっという間です。

全員に共通の凶方位は北東、南東、南西、北西。残りの北、東、南、西が吉方位になるか否かはそれぞれの星の欄をご参照ください。
それでは7月7日〜8月8日の九星別運気と吉方位、さわやかにまいりましょう。

★一白水星・・・「星に願いを」と古来申しますが、流れ星にせよ七夕の短冊にせよお百度参りにせよ願をかけるという行為はつまるところ無意識への刷り込み、自分という地面に希望という名の種を植えつける行為ではないでしょうか。
願いが叶わないのはその願いが中途半端だから、つまり本当に欲しいものが自分でわかっていなかったり明確なイメージが描けないまま「金持ちになりたい」とか「素敵な人と結婚したい」など適当に自分にお願いしてるからです。
自分の本音とズレがある希望は絶対に叶いません、だって叶っても誰の得にもならないからです。宇宙にウソや欺瞞は通じない、「こうなりたい!」「こうしたい!」「これがほしい!」という映像がはっきり脳裏に浮かんで浮かんでたまらない、もううるさいくらいにイメージが自分に迫ってくる、そういう夢なら叶う確率は高いです。
今一番欲しいものは何ですか? それを手に入れてどんな自分になりたいですか? それを考えるだけでもあなたを取り巻く気の流れが変わってきます、お試しください。
吉方位はなし。なくても大丈夫、涼しいところで冷たいゼリーでも食べながらひんやりくつろいでください。

★二黒土星・・・「ここにいると退屈でしょう、ちょっとあっち行って何かやってくる?」。神様から背中を押されて下界に降りたはいいけれど、何これ聞いてない娑婆ってつらいしんどいとムンクの叫びみたいに私たちはみな頭を抱えるわけです。
そうやって約1世紀弱この世で生きてやがてあの世へ帰って行く、「お帰り! よく頑張ったね」と仲間から笑顔で迎えられて「さあお土産は?」と聞かれたときに手ぶらだとすごーくがっかりされます。お土産といっても地位とか名誉とか財産とか宝石とかじゃない、そういうものはいっさい持って帰れません。勝負どころは「どんだけ胸躍る体験をしたか」「どんだけ面白いことがあったか」しかありません。「こんなことがあってすごく感動したよ」、そういう話の数々を冥土の土産と申します。
人生はこの先もまだまだ続くでしょうが、あちらの世界へ持ち帰ってみんなに話したくなる冥土の土産は今現在どのくらいたまってますか? 「全然ないよー」という方はこれから経験しましょう、幸いなことに今月は思いも寄らぬ素敵なアクシデント、ウェルカムな番狂わせがありそうです。張り切ってご体験ください。
吉方位は東、西。恋愛や人間関係を成功させたいなら東、悩みを一刀両断したいなら西へどうぞ。

★三碧木星・・・夏の夕暮れどきってわけもなくワクワクしますよね、19時近くなってもまだうっすら明るくてさあお楽しみはこれからだ、テレビの心霊特番見ますかお酒飲みに行きますか河原へ花火見に行きますかそれともカレー食べてスイカかじりますかなど想像するだけでちょっとノスタルジックな喜びがじんわり湧いてきます。雨がザーッと降ってきたら山岸凉子の漫画を読むのもいいでしょう。
日本の夏って風情がありますよね、四季のある日本人に生まれて本当によかったです。大自然の四季があるからこそ人生の四季も理解できる、春が来て夏が来て秋になってやがて冬が来る、で再び春が来ると。春が来たら必ず夏が来ると。
三碧の運気は梅雨が明けて夏真っ盛り、蝉がミンミン鳴いて熱気むんむんの中に冷風がスーッと通り過ぎる、ダイニングテーブルでカランと氷の溶ける音、明日は海でも行ってみるか、あっメールが届いてる。何か起こりそうな予感に期待がキラキラ高まる夏、きっと人生の1ページに載るであろう夏、ガンガンぶっ飛ばしてる最中にふとせつなさが立ち上る夏、そんな豊かな夏をどうぞ心ゆくまでお楽しみください。
吉方位は東、西。恋愛も含め人間関係運をよくしたいなら東、現状キープでどっしり落ち着きたいなら西へどうぞ。

★四緑木星・・・「あのときああすればよかった」「あんなこと言わなきゃよかった」「ガマンする必要なんかなかった」。人生に後悔はつきもの、でも後悔したからといって過去を塗り替えられるわけじゃない、悶々とエネルギーを消耗するだけ無駄というものです。とはいえ忘れよう忘れなきゃと肩に力を入れるほどつらい過去があざやかに3D映像で脳裏によみがえってくる、さあいったいどうしたらいいのでしょう。
・・・はい時間が経過するのを待ちましょう、海馬に仮置きされた記憶が自然消滅するまで待つ、あまり何回も思い出さないようにする、反復して味わっていると脳により深くプリントされちゃうので思い出しそうになったらあわてて他のことを考える、あるいはもっと楽しいことをたくさん経験して記憶を上書きする。それでもやっぱりいやーんな思い出が残るなら、その経験はあなたに必要な経験だったということです。そりゃいやですよ、いやですけどもそういう経験ができるということはそれだけあなたの器が大きいということ、心に受けた傷の深さのぶんだけ味わい深い人生を歩んでいけるということです。
四緑はこのところぐずぐずしてたかもしれませんけどそろそろ吹っ切れる、「あ、あの経験は私に必要なことだったんだ」「あれは私にとって重要な意味があったんだ」「これでいいのだ」と悟る、後悔が肯定に変わるすてきな瞬間が訪れるかと思います。
吉方位はなし。好きな場所、ホッと落ち着ける場所で自分に乾杯してください。

★五黄土星・・・人生に必要なものって何でしょう? はい愛とお金と健康ですね、これは昔も今もこれからもずーっと変わりません。じゃあどうすればたっぷり得られるかというと一に努力、二に先祖の余得、三に運。二はどうしようもありませんが一と三は自力でなんとかなる、昔から「こうしたほうがいい」とされている生活習慣を実行すればいいだけです。
「よく遊びよく働く」「よく笑う」「早寝早起き」「自分の良心に反することはしない」「その季節に適した服を着る」「その季節の旬のものをバランスよく食べる」「清潔で快適な家に暮らす」「ストレスを溜めない」「引っ越しは方位を考慮する」「行事を楽しむ」「神さまを意識する」。ごく当たり前のことですが幸せってそういうことの地道な積み重ねによって形成されます、先人の知恵を素直に守ってほどよく暮らしていれば不幸になるほうが難しいのですね。
今月の五黄は両足を肩幅に開いて背筋伸ばしてあご引いてキリッと立ってる感じ、どこから見てもきれいですね格好いいです、今月の行いが基盤となり今後の人生が決まる要(かなめ)の時期ですからしっかり前向いてやることやって盤石な幸せ帝国を築いていかれますように。
吉方位は北、東、西。家庭の平和を守りたい、子宝ほしい、財産増やしたいなら北、友達ほしい、恋人ほしいなら東、大勝負に勝ちたいなら西へどうぞ。

★六白金星・・・幸薄い貧乏な人と幸せなお金持ちの違いは何かというとまず本人を取り巻く空気感です。前者はぎざぎざ小刻みな感じ、タイトで窮屈な感じ、後ろ盾がなくて薄い感じ、色あせた感じ、後者はゆったりおおらかな感じ、余裕がある感じ、背後に深みのある重厚感が漂ってる感じ、ピカピカ光ってる感じがします。これらの特徴は住んでいる家や着ている服、持ち物、表情、話し方、立ち居振る舞いなど目に見えるところにもそのまま反映されます。さてあなたはいかがですか?
「お金持ちになりたい」「もっと幸せになりたい」というならやり方は簡単、自分が存在する空間に少しゆとりを持たせればいいのです。もう少し広い家に引っ越す、それが無理なら荷物をすっきり片付けて空間を今より広くする、そうすれば気持ちと運気に伸びしろが出てきます。
「引っ越せないし、不要品捨ててもこれ以上広くしようがない」というならこまめに窓を開けるといいでしょう、外からの風で運気の淀みが一掃されます。この時期はクーラー必須でどうしても閉めっぱなしになりますけども、もし閉塞感を感じているならいったんクーラー止めて部屋の窓をすべて開け、空気を入れ換えることをおすすめします。その部屋から離れて遠出するのもいい、不要な気の縛りがはずれます。
吉方位は北、南。人間関係を安定させたいなら北、自分の気持ちを安定させたいなら南へどうぞ。

★七赤金星・・・人の顔色をうかがったり機嫌を損ねないようにふるまうのって賢い処世術のように思えますけども実は表面上の平和と引き換えに自分の気を削ってるだけ、ひとりになったときにフーッと疲れが出るはずです、経験ありますか? 仕事や師弟関係なら仕方ない面もありますがプライベートでこれやると自分がすり減る、あたし何やってるんだろうとため息つきながらその晩何度も寝返りを打つことになります。
友達、恋人、伴侶、親子、兄弟、親戚、ご近所、あなたを取り巻く人たちとあなたは対等であり、マウントする必要もマウントされる義理もありません。仲良くできれば理想的ですが無理に仲良くする必要もない、特に肉親の場合血のつながりが免罪符になりがちですがそもそも自分で選択した関係ではないのでむだにいい子ちゃんでいると痛い目に遭う、むしろ他人よりやっかいなので慎重に接する必要があります。
なぜこんなお話をしたかと申しますと今月の七赤は勢いがあり、自分の思い通りに状況を変化させることができるからです。今まで不満を感じていた人間関係にカツを入れて軌道修正する絶好のチャンス、難しい案件も平和裡に方向転換できるでしょう。背中からの追い風と自分の肺活量で眼前の暗雲をスカッと吹き飛ばせることと思います。
大吉方位は西、吉方位は北、東、南。動かない山を動かしたいなら西、味方を増やしたいなら北、みんなで和気あいあいと楽しくやりたいなら東、肺活量を増やしたいなら南へどうぞ。

★八白土星・・・SNSでの過剰な自己顕示は自信のなさと不安と欲求不満の表れです。本当に充実して満たされているなら自分の幸せな姿をわざわざ見知らぬ人に発信などせず、ひとりでもしくは身内でじっくり味わうでしょう。「これからハワイでーす」「今ニューヨークのリッチなホテルにいまーす」など背景がばっちり映り込んだ自分の写真をネットに上げるといつの間にか強面の人たちに「ハーイ」と周囲をがっちり取り囲まれてるかもしれませんのでお気をつけください。
ネットってたしかにすごく便利ですけども使い方を一歩間違えると奈落、「プライベート情報を安易に公開しない」「悪意のある発言や中傷をしない」「詐欺に気をつける」「変なサイトに入って地雷を踏まない」などに気をつけましょうってこれ実社会とまったく同じじゃないですか。ということはネットは異次元の実社会ということで、危険な場所には近づかぬが花、楽しくてもハメをはずしちゃダメちゅうことです。
八白は今月実社会虚構社会取り混ぜて人との交流が増えるでしょう、ええ間違いなく楽しいひとときが過ごせるかと思いますがついうっかりのひとことや人の噂話に気をつけるのはもちろん、うさんくさい人に自己開示するのもやめておきましょう。
吉方位は北。守備力を高めたいなら北へどうぞ。

★九紫火星・・・憂鬱な気分のときはユーロビートよりR&Bが聞きたくなる、前向きな気分のときはモノトーンより赤やオレンジの服が着たくなる、悩みが解決したらそれまで食欲なかったのに急にお腹が減る。人間の行動って気分しだいで大きく左右されますよね。目の前の道が二股に分岐したときも、気分がいいときは広くてスカッと抜け感のあるほうの道を選びますし、滅入ってるときは無意識のうちに狭くて暗い道をついつい選びがちです、ほら人目を忍ぶカップルもたいてい日の当たらない北方位へ向かうでしょう、心象風景と選びとる選択肢はシンクロするのですね。だから大きな案件を決断するときは気持ちが安定しているときか上向いているときがいい、落ち込んでいるときに選ぶ道はたいてい「こんなはずでは」と後悔するものです。
大勝負が控えていますか? 絶対に失敗したくない? 大丈夫、今のあなたなら勝運は6割以上あります。ただし勝つにはコツがある、「期待感がふくらみすぎているとき」「気分がうわずっているとき」「こっちでいいんだと自分に言い聞かせているとき」「誰かを頼りにしているとき」「イチかバチかのギャンブル感覚があるとき」は強行しないことです。平常心を保っている冷静なときに挑んでください。
大吉方位は北、吉方位は東、南、西。賭けに勝ちたいなら北、人の応援がほしいなら東、運を味方につけたいなら西へどうぞ。

・・・はい、こんな感じです。ひんやりした日と蒸し暑い日が交互に訪れますが、体調を崩さないよう気をつけてお過ごしください。Good Luck!

寝耳に水 2019年7月号

アントワーヌ★お嬢さま! 2019年の後半戦が始まりますよ! いつまでもだらけてないで根性入れてくださいまし!
お嬢さま☆うーんもうちょっと寝かせてよ。
アントワーヌ★
7日は七夕、ほれっこの短冊に願いごとをお書きください。
お嬢さま☆
世界中のおいしいお菓子がたらふく食べられますように。好きなだけぐうたら眠れますように。努力しなくても幸せが向こうから歩いてきますように。
アントワーヌは何をお願いしたの?
アントワーヌ★お城にお越しになるみなさまが幸せになりますようにでございます。さあ今日はスイカとレモンのソルベを作りましたよ、舌の上でふわっと香り豊かに溶けてこの季節には最高でございます。
お嬢さま☆ウエハースも添えてね! それでは今月も皆さんの運気を生まれ月別にタロットでチラ見してみましょう。

★1月生まれ・・・
案件には2つのタイプがあります。なる早で解決すべき案件としばらく様子を見たほうがいい案件です。あなたが今抱えている案件は後者、別にあせらなくても命に別状はありませんけどもいつまでも心の隅に引っかけていると地味に重い足かせとなり心と運気が少しずつたわんできます。
今ひとつ気持ちがスカッとしないのは「そうなるといいな」という期待つまり妄想に甘えていつまでも夢見ているからです。ここらでそろそろ現実の着地点を見つけてその問題から解放されることをおすすめします。解決のヒントは「理想より現実」「こだわりを捨てる」「妥協して堅実路線でいく」、この3つです。

★2月生まれ・・・人生には戦いがつきものですが戦法はさまざま、たとえば堂々と名乗りを上げて真正面から向き合う正攻法系、不意打ちをかける奇襲系、一瞬で勝負を決める瞬殺系、じわじわ締め上げる兵糧攻め系、いったん負けてあとで無念を晴らす逆襲系、戦うなんて何言うてますのみんななかようせなあきませんえほれこの薄茶でおまんでもどうですかと相手を油断させる京都系などがあります。
今月の2月生まれは戦いに勝ってほしいものを手に入れる流れ、ただしあこぎなやり方で無理やり勝つと敵方の不満がくすぶり続けてやがて面倒なことになります。「仕方ない、まあいいか」と相手が納得できる頭のいい戦法を考えてみてください。

★3月生まれ・・・今まで築いてきたものを手放したことありますか? たとえばクラス替えや配置換えで仲のよかった人と離れてしまう、何年かつき合った恋人と別れる、頑張って働いてたのに左遷とかリストラされちゃう、長く住み続けたけど引っ越すことになったなどですね。ああこれで人生終わっちゃうのかなと絶望的な気分になるかもですがところがどっこい今まで積み重ねてきたものをいったん手放すと空間に余裕ができ、「予期せぬもっといいもの」がやってくることが少なくありません。
だから「目の前の幸せ」が消えてもあまりうろたえなくてOK、それは消えるべくして消えているかもしれないからです。追っかけちゃだめ、むしろ消えてくれて幸せ、「そのあとで手に入るものにご期待ください」とカードが告げています。

★4月生まれ・・・「窓みがいて床拭いて洗濯物たたんでご飯作らないと」「ぼんやりしてる暇があったら仕事しなければ」「どんなときも前向きでいなくちゃ」。
責任感の強いまじめな人ほど「こうしないといけない」「ちゃんとやらないとだめ」みたいな強迫観念に縛られやすいですが無理してそういう生活続けてると心身がどんどんすり減ってきます。それでもなお頑張ろうとすると身体の一番弱いところが病気になり「いいからちょっとじっとしてて」と強制的に休まされることになります。
この欄読んでるあなた疲れてないですか? 「ここらでちょっと休憩してください」とカードが告げています。「どうしてもやらなくちゃ」という思い込みから自分を解放してあげてはいかがでしょう、好きなところへ行って好きに過ごす、ただぼんやりするだけでもいい、ずっとベッドの中でごろんごろんするのもありかな、少しくらい休んだからってあなたの壮大な人生には何の影響もありません。

★5月生まれ・・・新しいグループに飛び込んだときに「なんか違う」と感じたり次に住む家を見に行ったときに「やな感じがする」と直感したことありますか、人間も動物なので勘が働くんですね。そういう直感が鋭く働くのは心が陰にも陽にも傾いていないニュートラルなとき、わかりやすくいうと平熱時です。
今月の5月生まれの体温は36度台で大きな変動なし、心も体もバランスが取れて素の自分が保てるのでパッとひらめいたことはたいてい当たる、ビジネスも人間関係も結婚も仕事も家探しも正解が出ることでしょう。当たり障りのない助言やネットのあやふやな情報なんかに頼らずおのれを信じてつき進む、わが脳細胞に一点の曇りなし、そんな心意気でさくさくかきわけていきましょう。

★6月生まれ・・・ノブレスオブリージュという言葉を知っていますか? 「地位や名誉や財産を持つ者にはそれなりの義務が伴う」という意味です。偉い人、有名な人、お金持ちなどいわゆるエリートと呼ばれる人は恵まれてるぶんみんなのお手本にならないといけない、いざというときは率先してみんなの身を守るとか食べ物を供給するとかメッセージを発するなど希望の星になるべきということですね。
え? 自分には関係ない? そんなことありませんあなただって端から見れば立派なエリート、「才能があってうらやましい」「いつもきれいでシュッとしてる」「仕事できる」「思いやりがある」「分度器を使わなくてもホールケーキを正確に7分割できる」などどこかで誰かに賞賛されているはずです。エリートは何かと嫉妬されやすいもの、普段から他人に親切にしたりやさしくして妬みややっかみから上手に身を守りましょう。

★7月生まれ・・・「怒ったら負け」「怒りを抑える方法」みたいな本が書店にたくさん並んでますけどもこういう本読むのって怒りっぽい人より怒りをじっと我慢してる人が自分をなだめるというか「やっぱり怒らないほうがいいんだ」と自分を正当化するために読んでるような気がします。しかしそもそも怒りって抑えなければいけないものでしょうか?
喜怒哀楽という言葉があるように喜び怒り哀しみ楽しむのは人間の持って生まれた本能、不快なことがあったときに怒りを感じるのはごく当たり前の生理なわけで、腹が立ってるのに無理やりニコニコしてるとやがてどこかに破綻が生じます。じゃあ怒りが湧いたらストレートに発散すればいいのかというとそれも否(いな)、相手に怒りをぶつけるとそのままはね返ってきて痛い思いをします。
「あ、自分怒ってるな」と自覚したらいったん深呼吸して脳を冷やし感情に理性を混ぜて泡立てないよう静かに撹拌し、感情6:理性4になった時点で「それダメでしょう」と簡潔明瞭に伝えるといいでしょう。ほどよく理性を混ぜる、泡立てない、ちょうどいいタイミングで手渡す。これを怒りのカフェラテ作戦と呼びます。
誕生日おめでとう7月生まれ、怒りは感情的に表現するより理性的に表現するほうが波風が小さくなるうえ自身のエネルギーも消耗せずにすみます。カフェラテ作戦を取り入れて上手に怒りましょう。

★8月生まれ・・・自分が誰かの親であれ子であれ兄であれ妹であれ親友であれ最終的に一番大切にすべきは自分です。自分を守れるのは自分しかいないからです。自分そっちのけで人助けしても相手の重荷になるもしくは「あらすいませんねえ」と利用されるだけ、ならば最初から「人は人自分は自分」「よけいなことはしない」「人助けは余裕があるときのみ」と割り切ったスタンスでいくほうが合理的だし楽ちんです。
人情がらみで迷っていることがありますか? 二者択一を迫られている? はい答えは簡単、人がどう思うかより自分がそうしたいと思うほうを選びましょう。「情がない」と思われようが「恩知らず」と思われようがかまわない、「人の目を気にするより自分の本音に忠実に行動してください」とカードが告げています。たぶんそのほうが後悔が少ないしグチも出ないかと思います。

★9月生まれ・・・運のいい人かそうでない人かはその人の口癖を聞けばわかります。「なんとかなる」「きっと大丈夫」「何の問題もない」など前向きなら運のいい人、「どうせだめに決まってる」「うまくいくわけがない」「やっぱり無理か」と後ろ向きなら運の悪い人です。口癖にはその人の思いが濃縮表現されていて、本人の口から発した言葉は本人の無意識に暗示をかけて運気を誘導します。運気を変えたいなら話は簡単、口癖を「ダメだなあ」から「よっしゃ!」に変えればいいだけです。
9月生まれはこのところ「よしよし」「全然オッケー」「何このツキっぷり!」が勝手に口から出て止まらないことと思います、いいんですよ本当に絶好調なんですからそのまま大声でつぶやき続けてください、よい言霊(ことだま)から生まれたよい振動が身体の表面を覆ってさらにツキが上がることでしょう。

★10月生まれ・・・みんなと仲良くできたらどんなにいいでしょう、しかし世の中にはいろいろな人がいるのでままなりません。とりあえず下手に出ときゃいいや、仲良くしとけば間違いないだろうと初対面時で過剰にニコニコすると甘く見られてやっかいなことになります。初回の接し方って意外と大事、口元にうっすら微笑みを浮かべつつ軽くバリヤーを張ってしっかり相手を見る、受け入れ認定をあせらない、友達承認をがっつかないことが大事です。「あ、この人ちょっとアレだな」と直感したらそれは最後まで正解、相手の笑顔がゆがんでいないか猫なで声出してないか背中が丸まってないか逆に反りすぎてないかもちゃんと見極めましょう。
人類はみな兄弟かもしれませんが兄弟がみな仲いいとは限らない、仲よし1割宿敵2割その他大勢が7割とあらかじめ心しておけばミスする確率は低くなることでしょう。

★11月生まれ・・・費やした過去のエネルギーと未来にそれが収束するまでのエネルギーはほぼイコール、はいこれをやじろべえの法則と申します。たとえば不摂生がたたって病気になった場合、不摂生に費やした時間と労力とお金をA(過去つまりやじろべえの左側)、病気を治すために費やす時間と労力とお金をB(未来つまりやじろべえの右側)とすると、AとBはほぼ同じになるということです。1日で悪くなった体調は約1日で回復しますけども10年かけて悪くなった体調を治すには約10年かかるというということです。病気に限らず人間関係や恋愛も同じ、ナンパして1日で落とした恋人との関係は1日で終了しますが1年かけて信頼関係を築いた恋人は別れるのに1年かかるということです。もったいない逃がすもんかという場合は時間と労力とお金をかけ続ければさらに関係を持続延長させることができます。
11月生まれは今月仕事面でやじろべえの法則が発動し左側から右側へエネルギーが移動する予感、長年コツコツ頑張ってきたことが芽を出すまであともう少しの辛抱、やじろべえの傾きが切り替わったら今までの苦労が帳消しになるほどの報酬と評判と満足が得られるでしょう。

★12月生まれ・・・運命を決めるのは神様でも星回りでもなく実は自分自身、天からどんなに素晴らしいチャンスが降ってきてもソファでごろんと横になっていれば気づかないうちに消えてしまいますし、出口が出現しても「うーんあっち行きたくない」と拒否すれば迷路の堂々巡りを繰り返すことになります。根本原因は変化することへの恐れ、面倒くさい、かったるい、明日でいいや。そうやって何かと理由をつけてはずるずる引き延ばして「何かいいことないかなあ」「今のままで終わるのいやだなあ」「こんなはずじゃなかったのに」とぶつぶつ言うわけです、思い当たる人いますか?
「案ずるより産むが易し、今の環境から抜け出すのはあなたが思っているより簡単です」とカードが告げています。「頑張ろう!」と無理に力入れるよりも「ちょっと違う道に行ってみようかな」とさりげなく向きを変えるほうがうまくいくでしょう。

・・・はい、こんな感じです。今年の夏はいつもより涼しい感じですね、それでは今月も元気で行ってらっしゃい!

2019年6月の九星別運気と吉方位


全国1千万人の開運ファンのみなさんこんにちは 。
6月22日は夏至、1年で最も太陽が高く日照時間が長い日です。この時期は陽の気がそこらじゅうにたっぷり渦巻いているので今イケイケの人は息をゆっくり吐きながら身体を軽くして上昇気流に乗り、ちょっと元気がない人はスーッと息を吸い込みながら体内に陽気をめぐらせて身体と運気をふんわり持ち上げてください。
30日は夏越しの大祓、早いもので19年も半分終わりました。年の前半に溜まった厄(ストレス)を祓いに神社へ出かけてみてはいかがでしょう? 身も心もすっきり軽くなります。

全員に共通の凶方位は北、北東、東、南東、南西、西。残り南と北西が吉方位になるかどうかは、ご自分の星の欄をご参照ください。
それでは6月6日〜7月6日までの九星別運気と吉方位、まいりましょう。

★一白水星・・・梅雨どきは蒸し暑いのでどうしてもイライラしがちです。いつもなら笑って済ませられることがなぜか引っかかる、うーんどう考えても悪いのは自分じゃないのになぜ自分が我慢しなければいけないのかみたいな小さな不満が脳内をぐるぐる駆け巡りながらどんどん大きく熱くなってくる、はいこの現象を「梅雨時のヒートアップ現象」と呼びます。大気中に充満する水の気=陰の気とバランスを取ろうとして体内に火の気が巻き上がるわけですね。
一白は今ちょっとヒートアップしてるかな、時間があればあったで人間ってよけいなこと考えちゃうもんね、でも下手に熱い言葉を相手に投げかけるとカキーンと打ち返されたりデッドボール判定されることがありますのでご注意ください。
体内の火の気を鎮めるにはさまざまな方法があります、たとえば神社で茅の輪をくぐって厄を祓い落としてくる、白×ブルーのタオルや寝具を使って頭と心を冷やす、部屋を掃除して目の前の世界をすっきりさせる、風にそよぐ涼しげな観葉植物を置く。
香りも意外に効果的、ハッカやミント、ユーカリなどスーッとする系の化粧品や石けんを使うと脳がクールダウンしてひんやり爽快な気分になれます、お試しください。
吉方位は南。仕事でもうひと頑張りしたいなら南で炊き込みご飯を食べましょう。

★二黒土星・・・さっきまでラーメンが食べたくて仕方なかったのに隣のそば屋をのぞいた瞬間親子丼に気持ちが移り、その先のカフェでピザトースト頬張っている人を見たらそれもいいなと思ってしまう。これ結局何でもいいんですね、そんなときはあまり悩まず目の前の店にさっさと入っちゃうのが正解、一番いけないのは行ったり来たりしてずっと悩み続けること、考え抜いた末に古びたエスニック店に入ってどろんととろみのあるカレーのかかった焼き飯を食べて後悔するわけです。迷って迷って出した答えはたいてい不正解、どの選択肢も正しくないことを本能が察知して答えが出せないわけですね。
今月、いろいろな選択肢があなたの前に現れては「さあどうよ?」と迫ってくるかと思いますが無理やり答えを出そうとするとハズレを引いちゃう恐れがあります。「早い者勝ちですよ」とか「今決めないと損しますよ」とせかしてくる案件ほど要注意、急がなきゃいけないのは待ち合わせに遅刻しそうなときと新幹線に乗るときと夏のクリアランスセールだけです。
大吉方位は北西。大勝負に勝ちたいなら北西で牛丼を食べましょう。

★三碧木星・・・朝起きたときに「今日は何色の服を着ようかな」って考えますよね、それって実はわりと大切なことなんです、身につけたい色でその日に欲しているパワーとか補いたいパワーがわかりますから。たとえば「今日は黒を着たい」というなら「感情を表に出したくない」「秘密を守りたい」「威厳や格式を背負いたい」などと無意識のうちに思ってるわけで、ちょっと心が内向きというか守りが堅めになっているときです。紺なら「いつも通りにそつなくやりたい」、グリーンなら「頑張りたい」、ブルーなら「リフレッシュしたい」、赤なら「物怖じせず才能を発揮したい」、オレンジなら「楽しくやりたい」、黄色なら「チャレンジしたい」、紫なら「別格を強調したい」、白なら「素に戻りたい」。
三碧のあなたはこのところ黒っぽい服が増えていませんか、汚れが目立ちませんし引締め効果ありますしとりあえず格好つきますけども黒をずっと盾代わりにしていると心がどんどん硬化するうえ人も寄ってきません、もやもやを解消してさっぱりしたいなら最も着たくないと思ってる白や赤やオレンジや黄色を身につけてみてください。
吉方位は北西。心の中のいらない情報を四捨五入して丸めて捨ててスカッとしたいなら北西の神社へどうぞ。

★四緑木星・・・「10年ひと昔」という言葉がありますが、これは人の運気サイクルにも当てはまります。四柱推命や算命学なら運気が一巡するサイクルは10年ですし、天中殺やホロスコープなら12年、九星気学なら9年とジャンルは違っても平均するとおおよそ10年で人の運気は一段落し、また次のサイクルに入るわけですね。
サイクルを図式化すると言葉通り輪っか状で中心には見えない心棒が通っており、その心棒を中心として10年間かかってひとつの円軌道が形成される、さらに次の10年では円軌道の幅がちょびっと大きくなってまたひと回り、ということを途切れなく繰り返しながら上方に向かうにつれてどんどん間口が広がっていく円錐形のコイルばねを形成していきます。
コイルばねは押さえつけられたり潰されたりしても必ずぼんよよよーんと元に戻る、巻きが多くなればなるほどまた負荷がかかればかかるほど弾性エネルギーがたっぷり蓄積されて解放されたときの放出エネルギーが強くなる、そうですね弓矢みたいなものですね。「つらい」「しんどい」「うっとうしい」と感じるときは頭の上に負荷がかかってる状態、巻き数が多くてばねの間口が広い人ほど蓄積力、放出力、復元力が強くなります。四緑に今かかっている負荷は一過性のもの、重しがはずれればまたぼんよよよーんと勢いよく伸び上がれるのでご安心ください。
吉方位は北西。あたふたせずにどっしりかまえたいなら北西方位のビルの最上階の店でミルフィーユかモンブランを食べましょう。

★五黄土星・・・運気は気持ちに先導されます。気分が上がっているときは運気も上がりますし落ち込んでいるときは運気も湿ってどんより低空飛行しています。ということは「ツイてないな」と思うなら自分で自分のご機嫌を取ればいいわけで、手っ取り早いのは大好きなお菓子を食べるとかほしかった服を買うとか好きな音楽を聴くとか漫才とかコント見て笑うとかすればいい、つまり自分を喜ばせればいいのです。
そういうのが面倒くさい、何もせずにじっとしていたいというならとりあえず寝る、意識があっちへ飛べば心身の修復作業が自動的に行われますし、たとえ眠れなくてもとりあえず横になるだけで肉体的な疲れが治まりラクになります。
以上気持ちを上向けてツキを上げる方法を述べましたが今月の五黄には釈迦に説法だったかもしれません、なぜなら五黄は自己メンテナンス能力がハンパなく高いからです。このところ少しお疲れ気味だったですか、でも全身をくまなく覆うストレスを内側からふうふう膨らませてパンッ! と勢いよく破裂させ「ああすっきりした、さあ出かけるか」とドアを閉めて意気揚々と出かけるあなたの姿が水晶玉に映っています。
大吉方位は北西、吉方位は南。人生を大きく軌道修正したいなら北西でステーキ、このまま土台固めしたいなら南でチャーハンかパエリアを食べましょう。

★六白金星・・・人を取り巻く環境には衣、食、住ともうひとつ人間関係があります。いい人間関係ならあなたにパワーや喜びを与えてくれますし、そうでないなら重荷になります。いい・悪いの判断基準はわりとシンプル、「好きかきらいか」、割り切れない場合は「許せるか許せないか」、それだけです。きらいだし許せないならなるべく早めに距離を置いたほうがいいでしょう、つきあってもストレスが溜まるだけです。
このルールは友達はもちろん職場の人間関係や親兄弟、親戚間でも共通です。自分と同じように他の人たちにも自我があるのであなたが頑張って変えようとしても無駄、「そういう人なんだな」と面白がるかそっとしておくか放っておくしかありません。
なぜこんなお話をしたかと申しますと今月の六白はモテモテだからです。知ってる人知らない人いろいろな人がそばに寄ってくるでしょうが全員と仲良くすると疲れます、無理なくいられる人、好きでもきらいでもないけどまあいいかと思える人なら馴染んでOK、あれ? と違和感を感じる人、一般常識が通用しない人、何かと面倒くさい人ならあまり近づかないほうがいいでしょう。
吉方位は南。大事なことを決断したいなら南の自然のある場所でぼんやり過ごしてください。

★七赤金星・・・吉方位旅行を経験したことのある人ならおわかりかと思いますが、行った先の空気がスーッと自分に馴染んでどこか懐かしいというか心地いいというかほんわかした感じがするものです。現地で接する人も柔らかくてやさしくて親切で、家に帰ってから「みんないい人だったなあ」「機会があったらまた会いたいなあ」なんてうっとりすることも少なくありません。これが凶方位だと現地の人も空気もどこかよそよそしかったり先方の都合のとばっちり受けてる感じがしたり何かとミスが多かったりでせっかく金と時間と体力使って行ったのになんか切なくなったりするわけです。やはり「どうせ行くなら吉方位」ですね。
はい今月の七赤はみんなの吉方位的存在になるでしょう、人呼んで「歩く吉方位」。「七赤さんといるとホッとします」「楽しいです」「心が清まります」「御朱印帳にサインもらっていいですか」など一白水星から九紫火星まで本来の相性の垣根を乗り越えて全員からなつかれるかと思います。むずがゆいやら照れくさいやらかたじけないやら面倒くさいやらで複雑な気分になるでしょうがそこはほれ人たらしの七赤ですもの大丈夫なんとかなる、ここ上手に越えれば株が上がって景気がよくなり運気バブルが到来します、「自分はみんなのパワースポットである」と心して今日も微笑みを絶やさずにいてください。
吉方位は南。結婚したい、貯金を殖やしたいなど生活基盤をどっしり安定させたいなら南でにんじんサラダを食べましょう。

★八白土星・・・何があっても毎朝天高く上って私たちの手の届かない高いところから地上のありとあらゆるものに温かい光を投げかけてくるものって何でしょう? はい太陽ですね、まぶしくて正視できないけど何だかありがたくて思わず手を合わせたくなる、早朝に地平線がうっすら明るくなると「ああ救われた」とホッとする、それが太陽です。
生きとし生けるものすべてに分け隔てなく慈愛の光を降り注ぐということはつまり「神さま」ということかな、神さまは最近は早朝5時前に上り19時ごろ沈むつまり14時間勤務でかなり重労働ですが「この時期は残業多くて大変なんだよね」「たまには休んでゆっくりしたいなあ」みたいな文句は言いません、すごく偉いと思います。
さて八白はこのところ「じめじめした天気が続いてうっとうしい」「気持ちが今ひとつスカッとしない」などと感じているかと思います、職場でもプライベートでも責任ばかり重くて肩こってますよね、頭上を暗雲が覆ってる感じです。でも雲の上ではいつもと同じように太陽がキラキラ光り輝いているのをご存じか、梅雨が明けるころにはこの重たい雲も視界から取り払われ、「よしやるぞ!」な気分が復活するでしょう。
吉方位は南。頑張る力、粘る力、踏ん張る力がほしいなら南で団子やおにぎりを頬張りましょう。

★九紫火星・・・うっかり言い間違えたことありますか? 
「ボリュームセット(バリューセット)ください」「こちらの居酒屋、犬猿席(禁煙席)ありますか」「繰り上げ返済(1回払い)でお願いします」「オカルトドリンク(タピオカドリンク)オカルトマシマシのLサイズひとつ!」。
言い間違いには本人の本音や願望が潜んでいるといわれます。言葉に限らず行動も同じ、待ち合わせの時間や場所を間違えたりするときは「行きたくない」「会いたくない」という深層心理が働いているのかもしれません。
「こう言わなくちゃ」「こうしなくちゃ」とわかってはいても人間の心って複雑、言っちゃいけない言葉が勝手に口から出たりやっちゃいけないことをやっちゃったりするものです。特に気をつけたいのがお酒の席、アルコールが入ると脳のたががはずれて理性より本能や感情が優勢になり「ふふふ私メンサ(高IQ団体)に入会しないかって誘われたことあるんですう」「あーあ笹之原チーフ何もかも捨てて私と結婚してくれないかな」なんてホラや欲望をするんと口走ってまわりからヒソヒソされたりします。
「私に限ってそれはない」と頭脳明晰な九紫は思ってるでしょうが頭の回転が速くて弁が立つ人ほどお酒の席では気をつけないといけません、今月は誰かのひと言につられてついうっかりの失言が出がち、宴席が厭席にならないようご注意ください。
大吉方位は南。失言を防止したいなら飲む前に南のコンビニでカステラやまんじゅうを買って食べましょう。

・・・はい、こんな感じです。
6月12日(水)発売のan・an2155号「2019年後半、あなたの恋と運命」にオペラ沢かおりの記事がちょこんと掲載されます。今をときめく先生方の占いも一堂に会して楽しく読めますので開運ファンのみなさんは必読、どうぞよろしくお願いいたします。
それでは引き続き快適で爽やかな6月をお楽しみください。Good Luck、Thank You!

寝耳に水 2019年6月号


アントワーヌ★
お嬢さま! ぼんやりしてるうちにもう6月でございますよ。
お嬢さま☆あら本当。うたた寝してたら1年の半分が終わっちゃったわ。
アントワーヌ★これから19年の後半が始まります、変化の年に何も変化しなかったらどこかにしわ寄せが来てしまいますよ、模様替えでも衣替えでもイメチェンでも何でもいいですから何かしらお変えになってはいかがですか。
お嬢さま☆じゃあおやつを変えてちょうだい! いつも甘いものばかりだから今日はしょっぱいおやつで!
アントワーヌ★では黒こしょうがピリッときいたチーズ味トマト味バジル味のグリッシーニはいかがでしょう。
お嬢さま☆生ハムを巻いたやつもお願い! それではおやつが焼き上がるまで今月もみなさんの運気を生まれ月別にタロットでチラ見してみましょう。

★1月生まれ・・・
「その馬をつかまえれば世界中のありとあらゆる幸せが手に入る」。噂に名高い馬がある日とうとう彼方からやってきました。ドドドッ、ドドドッとものすごいスピードでこちらに向かって走ってきます。あなたは夢中でその馬に飛びついてしがみつきます、でも大きく揺さぶられてうまくつかまることができません。奮闘もむなしくすぐに振り落とされてしまいした。
「・・・ああ行っちゃった」、あっという間に馬は遠くへ駆けて行ってしまいました。地面にぺたんと座り込んだままふと手を見ると、指の間に馬のたてがみが2、3本巻き付いています。馬そのものを捕まえることはできなかったけれど、幸運のかけらを手にすることはできたわけです。
今月、あなたにも同じような出来事が起こるでしょう。たてがみ2、3本分と侮るなかれ、それが手に入るだけでもものすごくラッキーということがやがて判明するでしょう。

★2月生まれ・・・簡単に手に入るものに価値のあるものはあまりありません、たとえば試供品の化粧品とか売れ残ってたたき売りされた食品とかバーゲンで買った服とかですね、ああこれが手に入って本当によかったと心から感動するよりも、ゴミになったり食べて後悔したり今ひとつ気に入らなくてタンスの肥やしになっちゃったりすることのほうが多いです。
ものに限らず仕事とか恋愛とかでも同じこと、「君これやってみる?」と引き受けた仕事はラクだけどものすごくギャラが安かったとか、あのうつきあってもらえませんかとお願いしてみたら「全然オッケー! じゃあどこ行く? 君が決めてよ」とノリのいい相手が実はちょっとアレな人だったなんてことは少なくありません。
「あれ? こんな簡単に手に入っていいのかな」というかすかな疑問は本能からの注意信号であることが多いです。「安物買いの銭失い」「安かろう悪かろう」「タダほど高いものはない」、今月はこの3つの言葉をたまに思い出してみてください。

★3月生まれ・・・たしかに人生って思い通りになりませんしくやしいこと腹立たしいこともたくさんあります、夜中に思い出しては悶々と寝返り打ってるうち朝になっちゃったなんて経験はきっと誰にでもあるでしょう。しかし1年後2年後3年後にはたぶんそのことを忘れてる、もしまだ覚えているなら少し見方が変わってる、ああそうかあれは自分にとって必要なことだったんだ、そういう形で考えさせられていたんだ、そうならざるを得ない流れだったんだと気づくことでしょう。つまりそのときのネガティブな経験が結局は栄養になっている、自分を成長させるきっかけになっているというわけです。そう考えると「いやな経験」「意に沿わない経験」「腹の立つ経験」も決して無駄ではなく、むしろ「有意義な案件」ととらえ直すことができるかもしれません。
心が傷ついていますか? どうして私がこんな目に? 人生なんかちっとも楽しくない? 「じきに心の中で白黒が反転するでしょう」とカードが告げています。ある瞬間、オセロのように心の色が変わる暗示です。たぶん何かに気づく、何かを悟るのだと思います。

★4月生まれ・・・苦労を先送りにすると元本複利で利子がつき、それに時間が掛け合わさってどんどん大きくふくらんでいきます。「若いときの苦労は買ってでもせよ」とは「どうせ苦労するなら試練がそれほどふくらんでいないうちにクリアしちゃったほうがラクですよ」という意味です。
4月生まれは今現在何かと戦っていることと思います、面倒ですし気力体力を消耗しますよね、でもここで気を抜いたら負けちゃいますし負けるわけにはいきません。おいしいケーキを焼いたり着たい洋服をじっくり選んだり模様替えをしたり風光明媚な場所へ旅行する時間がほとんど取れなくてストレス無双かとは思いますけども今が正念場、今頑張らないでいつ頑張るのというポイントにあなたは立っています。ちょっときついかもですがここはもうしばらくの辛抱です。
この戦いが永遠に続くわけじゃない、戦いには必ず終わりがあり、何らかの理由で収束して元のリズムに収まるときがやってきます。汗や涙や鼻水を垂らしてでもやるべきことをきちんとやったあかつきには、労に報いるそれなりのご褒美やトロフィーがちゃんと届けられることと思います。

★5月生まれ・・・イエスかノーかで白黒をはっきりつけられたらどんなにラクでしょう、しかし世の中は混沌としているのでそうはいかないケースが多い、自分なりに知っている法やルールを適用しても「それ通じないから」ともっと奥次元の法やルールを持ち出されることもあります、世の中って奥が深いのですね。
今あなたが抱えている問題もひと筋縄ではいかないかもしれません、ここであえてエイッと無理やり一刀両断するとよりややこしいことになる恐れがありますのでご注意ください。下手に「じゃあ私がやります!」なんて言うと自分で自分の首を絞める恐れ、逆に「この件はあなたに任せます!」なんて言うと手柄や報酬を持ってかれる恐れ、じゃあどうすればいいのか。
「しばらく放っといて様子を見ましょう」とカードが告げています。ふんぎりが悪くて落ち着かないかもしれませんが「どうします?」と聞かれたら「うーん」とか「そうですねえ」とか「考え中です」でしのぐ、「答えをはぐらかすのも立派な答え」という心づもりが正解かもしれません。

★6月生まれ・・・「自分を変えたい」「自分を変えよう」というフレーズがありますが持って生まれた個性を変えることはできません、グリーンはグリーン、ブルーはブルーの魂なので変わりようがないからです。でも後天的に身についた考え方のクセや反応のスタイルや価値観を変えることはできる、「この考え方はまっとうかな?」「ほかにもっといいパターンはないだろうか」「この刷り込みはもういらないかな」など自分で自分を疑えばいいだけです、そういうプロセスを「成長」と申します。
あなたの心の中には二人の自分がいます、頑として動かない不動の自分とぐにゃぐにゃ可塑性のある自分、TPOに応じて適宜使い分けていらっしゃることでしょうが今月は塑性領域が広がって不動の自分がちょっぴり変異する予感、逆に言えば「全力で考えないと損しますよ」「今までの常識やルールにこだわってると欲しいものが手に入りませんよ」「ものの見方を変えないと解決しませんよ」ということです。
誕生日おめでとう6月生まれのみなさん、頭の中や心の中にあるものをいろいろ入れ替え差し替えしながらガンガンご成長ください。

★7月生まれ・・・運気が上がっているか下がっているかを簡単に知る方法があります、試してみますか? ではゆっくり深呼吸をしてください、はいあと2回。・・・落ち着きましたか、では未来の自分をゆっくり想像してみましょう、あなたは幸せそうですか? それともあまり幸せではなさそう? 
未来に対して希望が持てるときは運気が上がっている、不安があるなら運気が落ちていると判断します。え? どっちでもないしぼんやりしててよくわからない、そうですか。ではカードに聞いてみましょう。
はい「これから間違いなくいいことが起こるでしょう」と出ました。スカッと爽やかな青空が広がる未来から、じきにあなたのもとにお知らせが届けられるでしょう。恋愛の成就か、仕事の成功か、それとも新天地へ向かうきっかけがやってくるのか。いずれにしても不安材料は何もありません、今のあなたはそのままでパーフェクト、自信を持ってぐいぐい行きましょう。

★8月生まれ・・・ほんの1ミリ、いやほんの1マイクロメートル「何か」が動いただけで人の運命は変わります。「何か」とは・・・そうですね本人を取り巻く気とか歯車とか流れとかでしょうか、いずれにしてもあまりにも微妙なので目には見えませんがその瞬間にカチッとかすかな音がする、勘のいい人はすかさずそれを聞き分けて「よし! これから潮目が変わるぞ」とか「気をつけないとヤバそうだな」などと直観的に判断するものです。
最近音が聞こえましたか? 今もカチカチ鳴っている? それは隣の山田さんがシャーペンをノックしてるのでも大門寺さんがマウスをクリックしてるのでもお義母さんがイカの煮物作ろうとガスレンジに火を着けてるのでもありません、あなたの運気が変化しているのです。
「ようやくすべての環境が味方につきました、これから強い追い風が吹いてきますよ」とカードが告げています。いつもの3倍速の脚力が備わるでしょう、日常を乗り越えて一気に目的地まで飛んでってください。

★9月生まれ・・・お金の1枚1枚には「誰の手を伝ってどう使われてきたか」という見えない履歴が蓄積されています。外部記憶装置がないのでそれを調べるすべはありませんが、もしもお金に口があったなら「どんな過去があったの?」「どうやってここまで来たの?」とたずねてみたいものです。「わたし土蔵の金庫でずっと眠ってて先日ようやく出てきたの、すごいわ今の日本ってこうなってるのねえ」「オレは寄付金とか奨学金とか支援金に使われてみんなを喜ばせてきたんだぜ」「僕は不動産の頭金だったんだよ、そばに仲間がいっぱいいて力強かったなあ」「あたしはギャンブルに使われることが多くって全国各地をいつもさすらってるの」。
各自さまざまな過去があるでしょうが今後の行方を決めるのはそれを所有する人、お金の運命は持ち主しだいというわけです。
「これからどう使われるのかお金に注目されています」とカードが告げています。つかの間の関係かもしれませんがどうせなら「役に立ってくれてありがとう、よい旅を」と気持ちよく送り出してあげてください。大事に使ってあげればお金自身の記憶に残り、仲間を引き連れてまた戻ってくるでしょう。

★10月生まれ・・・「ハンバーグが1個余ったけどおかわりほしい人いますか」。すごくおいしい牛肉100%のハンバーグです、しかし誰も手を上げません、じゃあ私が立候補しようかなでも恥ずかしいな大食いって思われたらいやだもんうーんどうしよう。そうやってぐずぐず迷ってるうちに「誰もいない? じゃあ私がいただきますね」と他の人に食べられてしまいました。はいこの事例から「欲しいものはほしいと意思表示すべき」「タイミングを逃してはいけない」「迷っていると誰かにさらわれる」などの教訓が得られます。
5月生まれの欄で曖昧にすることの利点を述べましたが10月生まれは真逆、気持ちが決まっているならむだに寄り道せずストレートにいきましょう、そのために必要なのは決断力と勇気と自分を信じる心つまり自信、遠慮しても何も得られませんし残るのは後悔ばかりです。今月は本音を行動に移す時間が間延びしないようお気をつけください。

★11月生まれ・・・人間の左右の視野角は約200度といわれます、てことは後ろ約半分は見えないということです。しかし地球は球形なので前はもちろん後ろでも常に同時進行で何かが起こっています、目の前に見えることしか認識しないでいると世界の2分の1しか体験できないわけですね。五感の鋭い人なら耳や鼻や皮膚感覚や想像力やスマホを駆使して背中側で起きていることも敏感に察知しますが、それができないとか面倒だからと怠っていると視野が狭くなります。
誰かをずっと恨んでいるとか悲観的なものの見方しかできないとかいうのも視野が狭い証拠、考え方が一元的で偏っているのです。いったん眼球を定位置から外して全然違う場所に取りつければ偏りを矯正できるでしょう、はいどうやるかというと「これ真実だったらいやだな」「まさかこれが真実であるわけがない」「これを認めると今まで自分が信じてきたものが180度ひっくり返ってしまう」と思わず否定したくなることにあえて焦点を当ててじっと見つめてみる、少々面倒ですがその作業で徐々に視野が広がってまいります。視野が広いと自負している方もたまにそういうエクササイズをやって眼筋を鍛えることをおすすめします。

★12月生まれ・・・「順風満帆」「天下泰平」「日々是好日」という状態は何もしないでいることじゃありません,ていうか日々の幸せって何もせずにキープできるほど甘いもんじゃありません。安穏とした日々をキープしたいならそれなりの努力が必要、幸せを維持するのって面倒くさいんです。たとえば炊事洗濯掃除などの家事を怠るとたちまち家の中がカオスになりますし、毎朝満員電車に乗らないとお金を稼げませんし、体重測定をさぼるとすぐに2、3キロ増えてしまいます。日々の地道な努力ってとても大切なのですね、優美な白鳥も実は水面下でバタバタせわしなく水をかいています。
12月生まれは現在イケイケの絶好調路線を歩んでいることと思いますが勝ってかぶとの緒を締めよ、余裕があるときほど足下をしっかりチェックして守りを固めましょう。そうですねたとえば機嫌の悪いパソコンを今のうちに修理に出すとかパスワードを見直すとか預金残高をチェックするとか健康診断を受けてみるとかですね、面倒でもそういう細々したことを今やっておけばあとで「ああやっといてよかった!」と心から自分に感謝することになるでしょう。

・・・はい、こんな感じです。湿度の高い梅雨どきは熱中症に気をつけましょう、衣服は軽くて動きやすくて風通しのいいのが一番、心と一緒ですね。それでは今月も明るく元気に行ってらっしゃい!

WEBサイトのSSL化のお知らせ 2019.05.05


全国1千万人の開運ファンのみなさん、いつもご訪問いただきありがとうございます。Pinkieです。
このたびPINKIE’S EYEではより安全に当サイトを閲覧いただくため、サイトのSSL化(通信データの暗号化)を実施しました。
それに伴い、ホームページアドレスが以下の通り変更になりました。

新アドレス https://pinkieseye.eek.jp

https://www.pinkieseye.eek.jp

旧アドレスへアクセスいただいた場合でも、自動的に新アドレスへ転送されますが、もし可能でしたらブックマークやリンクなどを新アドレスに修正していただけましたら幸いです。

なおこの変更に伴い、一部の旧来の端末や古いバージョンのOS(オペレーションシステム)、ウェブブラウザではページが表示できなくなる可能性があります。その場合は、バージョンアップなどの対応をお願いいたします。

お手数をおかけして誠に申し訳ございません。
今後ともPINKIE’S EYEをどうぞよろしくお願いいたします。

☆Pinkie★

2019年5月の九星別運気と吉方位


全国1千万人の開運ファンのみなさんこんにちは。
さあいよいよ令和が始まりました、なんだかワクワクしますね。ご一緒に素晴らしい時代を歩んでまいりましょう。
今月は吉方位パワーがいつもの3倍増しに増大するお楽しみ月間、特に7日、16日、25日、28日は年・月・日の3つの方位盤ががっちり合わさる特別デーですので「どうせ行くなら吉方位」と心して、各自バンバン運気を上げてください。

全員に共通の凶方位は北東、南東、南西、北西。うっかり引っ越しとか長期旅行に出ると受ける凶パワーも強くなりますのでお気をつけください。吉方位は北、東、南、西のどれかですが本命星によって異なりますのでご自分の星の欄をご参照ください。さあそれでは新時代の夢と希望に胸をふくらませつつ、5月6日〜6月5日の九星別運気と吉方位、さっくりまいりましょう。

★一白水星・・・お金って何でしょう? はいお金とは愛を形にしたもののことで、愛をたくさん社会に循環させられる人のことをお金持ちと呼びます。つまり愛がたっぷり入る大きな財布=器を持っている人がお金持ちというわけです。
もしあなたのお財布が常にすっからかんなら、愛が足りているかどうか一度チェックしてみるといいでしょう。改善法は簡単、お金を支払うときにそれをサービスしてくれた人、物、ことに対し、心から「ありがとう」と言うだけです。感謝の気持ちをお札に乗せて手放せば、仲間を何人も引き連れてまたあなたのふところに帰ってくるでしょう。
一白は器を拡大するチャンスの星まわり、人にやさしくすればするほど金運がぐんぐん上がっていきます。どうぞお試しください。
大吉方位は北、南。貯金額を増やしたいなら北でそばやうどん、ビジネス運にみがきをかけてさらに稼ぎたいなら南でお寿司を食べましょう。

★二黒土星・・・元号が変わったということは時代がバージョンアップしたということです。しかしバージョンアップした令和の時代に昭和平成の古いOSを使っているとそこかしこに不具合が出てああもうちっとも前に進めない、どころか画面がホワイトアウトしちゃったよどうすんのこれという事態になりかねません。
いつまでも古い価値観や思い込みや好き嫌いにしがみついていると集団走から取り残されてドンベを走る、それは早い者勝ちのバナナやドリンクをもらいそこねる恐れがあるということです。特に二黒はこれから人生の大きな変化を迎える予感、こういうときにダラダラ寝ていると「朝だぜ起きるぜ時代は変わったぜ!」とくねくね踊りながら入ってきた筋肉ムキムキの鬼軍曹に強制的に布団引っぺがされることになります。他人のペースで動くのがいやならさっさと自分から布団這い出てとっとと変えるべきを変えたほうがいいでしょう。
大吉方位は東。仕事で上の階級に行きたいなら東で大福を食べましょう。

★三碧木星・・・人前で素の自分をさらけ出せる人はあまりいません、ほとんどの人は平均1.2〜3倍くらいに拡大、特に好きな人の前では10倍20倍くらいに拡大&加工して見栄を張っちゃうものです。でもあまりにも盛り過ぎるとふとした拍子にばれて恥ずかしい思いをします、私は絶対におならなんかしませんそういうお下劣なものとは無縁の女ですとすましてたもののベッドから出たとたんにプスッ、いけね出ちゃったとあわててトイレに駆け込む途中でプップップパパパと天皇賞のファンファーレのように鳴り響き、いいよ気にしてないよと恋人から静かに微笑まれるわけです。
おならしない人なんかどこにもいませんよみんな一緒、だから見栄張らなくていいんです。職場でもプライベートでも自分を大きく格好よく見せようとウソつかなくたって大丈夫、あなたはそのままで十分イケてます。
今月は「これが私! これ以上でもこれ以下でもありません」と堂々としてたほうがウケがいいしさらに愛されることでしょう。
大吉方位は西。もっと愛されたいなら西でワインやビール、お酒が苦手な人はソフトドリンクを飲んできてください。

★四緑木星・・・ほめて甘やかして育てるのは人間界だけ、ライオンはわが子を千尋の谷に突き落とし「這い上がってこれなかったらそれまで」と立ち去ります。他の動物だって似たようなもの、敵も味方もまぜこぜの世界でぼんやりして逃げ遅れたら一巻の終わりということを子どもは小さいころから目の当たりにして育ちます。きびしい自然界で自分を守れるのは自分だけ、万が一のときに「私が傷ついたのはオオカミのせい」「インパラもシマウマも私を助けてくれない」と恨んでも何の役にも立ちません。
これ人間界でもまったく同じ、だって人間も大自然の産物ですから。「だれかほめて!」「いい子いい子して!」「困ったときは助けて!」と訴えかけてもみんな自分のことで精いっぱい、「うんわかった助けるねー」とニコニコ返してくれたとしてもいざとなったらあてになりません。本当に助けてくれる人もいるかもしれませんが代わりにその人が犠牲になったらどうします?
この世に生まれた以上「自分の身は自分で守る」「不幸を人のせいにしない」「常に生存スキルをみがく」の3つが必須です。トラブルや悩みの原因は他人ではなくすべて自分の中にあります。
大吉方位は西。問題解決の糸口を探したいなら西方位の水辺へどうぞ。

★五黄土星・・・占いとかに頼らなくても運不運を判別する方法があるのをご存知ですか? はいお通じですね、するするするーとほぼ毎日いいお通じがあるなら絶好調、出ないもしくは出過ぎるというなら要注意、びろうな話で恐縮です。
胃腸の調子は運気のバロメーター、胃腸がきっちり働いているなら周囲で起こる現実をきっちり消化して必要なものを身につけ不要なものをしっかり排出しているということです。しかし現実が受け入れられない、噛み砕けない、飲み込めない、無理やり飲み込んだけども割り切れない、割り切りたくもないという場合、胃腸が萎えて胃が痛くなったり潰瘍ができたり穴が空いたりポリープができちゃったりします。
五黄はこのところ消化不良で胃がムカムカしたり出るものがすっきり出なかったかもしれません、でもこれから徐々に回復に向かうでしょう、五黄の消化力ってそもそも半端ないからです。回復を早めたいならウォーキングやランニングで汗を流したりガーデニングで土をいじったりゆっくり入浴してお腹を温めるといいでしょう。
大吉方位は東。元気と勇気と活気を取り戻したいなら東でフルーツを食べましょう。

★六白金星・・・長い長い眠りから覚めた人が一番にやりたいことって何でしょう? はいベッドを脱け出して歩き回ることですね、ここはどこ私はなぜここにいるのと自分の立ち位置を確かめに外に出るわけです。
わあ雲ひとつないきれいな青空太陽がまぶしい左側に海が見えて右側に森が広がってる、海もいいけど森の小道を抜けた向こうにはどんな世界が広がっているんだろう、誰かに会いたい会って話がしてみたい、よしじゃあこのまま森の中へ入ってみよう。
体力ゲージは満タンに回復したけど脳内がすっからかんの人が興味を持つのは寄せては返す静かな海より何が飛び出すかわからない森、刺激を求めて日陰と日向が美しい模様を織りなす緑色の空気のなかを奥へ奥へと分け入ってまいります。
六白は今まさしくこの状態、散策を楽しんでいるもしくは今後やりたいこと、やるべきことについてシカとかタヌキとかはずれの小屋に住む七人のこびとと話し合っている最中かもしれません。もうちょっとで森を抜けますよ、そこに広がっているのは・・・おっとそれはそのときのお楽しみ、今はもう少しぶらぶら歩きをお楽しみください。
無難な方位は北、南。今の幸せをもっと充実させたいなら北でラーメン、がんばって1等を取りたいなら南でエビ入りの生春巻きを食べましょう。

★七赤金星・・・噂というのは本人のあずかり知らぬところで立ちます。それは煙のようなもので、風向きによっては最後まで気づかないこともありますが、鼻の利く人なら「うん?」と早期に異変を嗅ぎ分けるものです。「ゆで卵がお好きなんですって」「やんごとなきお家柄だそう」「親戚に宇宙人がいるらしい」など害のないたぐいなら放っておいてもかまいませんが、あまり触れられたくない噂だった場合はどうするか。
「違います!」「違うんです!」といちいち否定して回るとますます面白がられて炎上します、ここはグッとこらえて謎の微笑みを浮かべながら何食わぬ顔でルーチンワークに集中するが勝ち、人の噂は昔は75日でしたが情報化社会の現代は1週間持たないくらい、そのうちに飽きて忘れ去られます。
七赤は今月あちこちで噂が立ち上る予感、とはいっても誹謗中傷ではなく「あの人は適当に見えて実は頑張り屋」「仕事で困ってたら助けてくれた」「電卓打たせたら日本一」などいい噂、さらに尾ひれがついて「空港のVIPラウンジに顔パスで入れるらしい」「麻雀の国家資格持ってるらしい」「祖先は聖徳太子」まで盛られちゃうかもしれません。モナリザの微笑みで株価上昇の快感をお楽しみください。
大吉方位は東、西。出世したいなら東の高級レストラン、愛がほしいなら西の居酒屋へどうぞ。

★八白土星・・・まんじゅうの中に入っている「あん」の気持ちがわかりますか? 
白や黄色や桃色や緑色の皮の中にぎゅうぎゅう詰められてああもう息苦しいったらありゃしない、あたしゃもとは小豆さまだよ、古来「厄を祓う」といわれた縁起もので神事にも使われるうえここまで柔らかくおいしくなるには時間も手間もたっぷりかかってる、小麦粉や米粉でちゃっちゃっと作った皮とは格が違う、なのに否応もなく丸められ皮に覆われ表舞台から消えて面目丸つぶれじゃないか。
・・・もしかするとそんな風にむくれているかもしれません。
しかし実際のところまんじゅうとはあんがあっての物種(ものだね)、あんのないまんじゅうは単なる蒸しパンもしくはだんごです。あんが入っているからこそただの炭水化物から和菓子へと格が上がり、滋味滋養が増すのですね。ぱかっと割ったときにあんがたっぷり詰まっているとお値打ち感、安心感も得られます。
今の八白はまんじゅうの中のあんの気持ちが痛いほど理解できることでしょう、おつらいかと思います、しかしあなたがいなければまんじゅう界は成り立たない、あなたの忍耐と頑張りがあるからこそ世界は今日も平和に回っている、そしてすべての皮はみんなあなたに感謝していることを忘れないでいてください。
大吉方位は東。ランクアップしたいなら東方位で大福を食べましょう。

★九紫火星・・・「ノブレス・オブリージュ」という言葉を聞いたことがありますか? 「貴族など身分の高い人にはそれなりの社会的な責任と義務が伴う」、わかりやすく言うと「偉い人は言動に気をつけてみんなのお手本になるようふるまいましょう」ということです。
これは西洋に伝わる道徳観念ですが日本でも明治時代までは武士道というのがありました、儒教がベースの仁義礼智信、武士は食わねど高楊枝、いわゆる武士の美学というやつですね。しかし階級制度の解体とともに「自分さえよければいいじゃん」と考える人が増え、礼儀とか分別とか思いやりなどの美徳が影を潜めてしまいました。
昨今では要領のいい人とそうでない人の差が広がったのに加え、「どうなされた?」「助太刀いたす!」「お味方申す!」も少なくなり、うっかりつまずいちゃった人はなかなか這い上がれない世の中になっています。
今月の九紫は正しい自尊心とタフな精神力と強運に恵まれる「武士の座」にいます、高貴なる者の務めとして愛と正義と礼儀と知恵と信頼の五徳をふところに抱き、どうぞ困っている人や悩んでいる人や迷っている人の味方についてあげてください。
大吉方位は北、南。周囲に溶け込んで仲よくやりたいなら北でパスタ、天上に輝く星になりたいなら南でシーフードを食べましょう。

・・・はい、こんな感じです。「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」。緑があざやかに映えるすてきな季節になりましたね、それでは今月もお元気で行ってらっしゃい!